佐野日本大学高等学校
 

 

中国・北京市月壇中学との交流

 
 


 

Stratford-Upon-Avonからの便り

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)
 

Gresham High Schoolとの交流

 

King Edward Ⅵ Schoolとの交流

 
 

検索

訪問者数

6167133

ログイン


 
水泳部日誌 >> 記事詳細

2017/07/24

【水泳部】第68回関東高等学校水泳競技大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
7月22日、23日、24日に小山市にある栃木県立温水プール館にて開催された第68回関東高等学校水泳競技大会に参加してきました。

佐野日大からは3年10組の鈴木朗仁君が50m自由形に出場しました。

鈴木君は関東大会出場を目標に日々練習を重ねてきました。自身の練習メニューを考えることから始まり、動画による入念なフォームチェック(関東予選の決勝直前まで確認していました)、空いている時間に自主的に筋力トレーニングやストレッチなどを行う等、自分に何が必要なのかを常に考えていました。

関東予選後、鈴木君の考えたメニューは後輩たちに伝えられています。

実際のメニューです。
自分のメニューだけでなく、部員全員のメニューも作成していました。これを半年近く続けました。最初は迷いながらでしたが、試行錯誤をしていく中で、自分に必要なものを考えていました。

鈴木君の目標は関東大会出場であったため、関東大会出場が決まってからの一ヶ月間は非常に悩ましい期間となりました。悩み抜いて最後は後輩たちに伝える期間にすることを選択しました。ただ、鈴木君自身の課題であったスタートはこの一ヶ月の間にしっかりと成果をあげることができました。
鈴木君は水泳部を通して選手としてだけでなく、部長として、人間として大きく成長してくれました。本当にお疲れ様でした。

最後に応援に駆けつけてくれた部員たちと

【顧問より】
今年は関東大会が栃木県開催ということで、3日間役員として参加してきました。関東レベル、全国レベルを肌で体感し非常に充実した時間をおくることができました。
この大会を通して、強い選手とは何かを考えさせられました。私は“礼儀”を重んじている人間を強い選手だと考えます。試合が始まる前、プールや審判、応援してくれる人に対する姿勢に感銘を受けました。同時に指導されている先生方への敬意も抱きました。技術は自分の心を高めて初めて向上するものだと思います。礼儀は互いの敬意があればこそですので、部員共々これからも頑張っていきます。
18:38