佐野日本大学高等学校
 
弓道部
 
弓道部日誌 >> 記事詳細

2013/07/20

弓道部より 3

| by:弓道部
弓道をやったことのない人には縁遠い言葉なんですが、皆中という言葉。

皆中とは、読んで字のごとく放った矢がすべて的にあたるという意味です。

普通弓道では4本の矢を放ち(安部政権のように3本ではないんですね)ます。
普段からその4本のうち3本中る人はちらほらといるのですが・・
なぜか3本中ったところで、欲を出してしまったりして当たらないことが多いのです。
ところが・・
なんと!
その至難の業である皆中を1年生が成し遂げてしまいました!!
皆中
撮影:古島匠 (本人)

これは、やろうと思ってもなかなかできないことですよ!
尋常ではない程の精神力と忍耐力が要求されるからです。
弓道部員の諸君、皆中目指して日々研鑽されたし。

以上、本日は喜ばしい報告でありました。
これからも応援よろしくお願いします。

17:10 | 投票する | 投票数(28) | 今日の出来事