さにちニュース >> 記事詳細

2016/05/19

【国際交流】月壇中学校訪問記(6)送別会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
 早いもので、あっという間に時がたち、明日帰国となりました。
 
 今日は送別会を開いていただき、一人ひとり、別れの挨拶をしました。
 
 北さんは家族のように接してくれたことに対する感謝を、小口さんは月壇中学校の皆さんとの交流を通じて感じた挨拶の大切さを、青山さんは通訳になりたいという夢を、平澤さんはホストファミリーの王茉さんとの素敵な体験をそれぞれ語ってくれました。


北さんと甘さん

小口さんと張さん

青山さんと董さん

平澤さんと王さん

 もう一つ、王茉さんが、平澤さんに語った素敵な言葉があるので、紹介しておきます。「この訪問は、本でいう目次のようなものです。また北京に来て、ゆっくり見て、考えて、学んでください。」




 陳副校長先生が最後に挨拶してくださいましたが、その中の「感動を生む交流だった。」という言葉が今回の交流をもっともよく表していると思います。本当にすばらしい6日間でした。月壇中学校の皆さんの思いやりにあふれるもてなしに、心から感謝します。
 
 謝謝!
 
 そして7月にまた日本でお会いしましょう。
 
 再見!

11:45 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)