佐野日本大学高等学校
 
 

所在地

Tel:0283-25-0111  Fax:0283-25-0441


ネットワークカード
ダウンロードはこちら
( 
PDF 、 Excel )

 
 


 

Stratford-Upon-Avonからの便り

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)
 

中国・北京市月壇中学との交流

 

Gresham High Schoolとの交流

 

King Edward Ⅵ Schoolとの交流

 

検索

訪問者数

5943659

ログイン

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)


本校は、「理科・数学に重点を置いた取組みを大学等と密接な連携を図りながら、
将来、世界で活躍できる国際的な科学技術系の人材を育成する高等学校」として
平成25年度より文部科学省「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」(5ヵ年)の
研究開発校の指定を受け、
研究開発事業を展開しています。





- 関連リンク-

文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/02_b.htm

科学技術振興機構
http://ssh.jst.go.jp/main.html

 
SSH日誌 >> 記事詳細

2018/03/06

【SSH】1,2年生 課題研究クラス発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
本日の5,6限に、1,2年生 課題研究クラス発表会 を 実施しました。一年間を通して、土曜日の4限(SSクラスは1~4限)に課題研究を行ってきましたが、本日はその研究成果の発表会になります。発表対象者は、2年生のSSクラスを除く、1,2年生の全クラスの生徒です。

【SSクラスの発表会の様子】
SSクラス1年生の発表会は、他のクラスとは異なり、SSクラスの2年生も聞きます。つまり、先輩方の厳しい質問攻めに合うことになります。特に今回は、100分間で6発表だったこともあり、発表時間よりも質疑応答の時間の方が長い状態でしたが、1年生は自分なりの回答をすることができていました。次の1年間の研究活動につながる良い経験だったのではないでしょうか。1年後の発表会を楽しみにしています。

担任による最後の厳しいチェックを受けている様子


渡邊校長の挨拶の様子


発表中の様子


SSクラス2年生による質問の様子
(文責 谷津)

【特進コースの発表会の様子】
各クラス、班ごとにテーマを決めて発表が行われました。
ノートパソコンやパワーポイントを用いて、発表の仕方にも
飽きさせない工夫が見られ、活発な質疑応答も見られました。
この経験を、今後の主体的な学習につなげてほしいと思います。













【スーパー進学コースの発表会の様子】
各々の選択した「ヒューマンサイエンス」の専門的な研究内容に従って、パワーポイントを用いてのプレゼンテーションを行いました。スポーツのトレーニングに関する発表には体育科の先生からの質問もあり、活発な意見交換が行われました。多くの人の前で自らの意見を効果的に伝えることを学ぶには絶好の機会となり、将来にも役立つ経験となったと思います。








【進学コースの発表会の様子】
 各クラスでテーマごとの発表を行いました。工夫を凝らした発表にクラスの生徒は真剣に聞き入っています。発表後には質疑応答や評価シートを記入し、とても有意義な発表会となりました。





15:19
COUNTER309797