佐野日本大学高等学校
 
 

所在地

Tel:0283-25-0111  Fax:0283-25-0441


ネットワークカード
ダウンロードはこちら
( 
PDF 、 Excel )

 
 


 

Stratford-Upon-Avonからの便り

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)
 

中国・北京市月壇中学との交流

 

Gresham High Schoolとの交流

 

King Edward Ⅵ Schoolとの交流

 

検索

訪問者数

5943637

ログイン

佐野日大の国際交流

佐野日本大学高校では、イギリス、アメリカ、中国と姉妹校提携を結んでおり、
様々な相互交流を行っているため、生徒が直接世界に触れることのできる
国際交流の機会が豊富にあります。


イギリス短期海外研修
ストラッドフォード・アポン・エイボンのガールズグラマースクールで
2週間の研修プログラムを行っています。

訪問期間:7月下旬~8月中旬
>>
ガールズグラマースクールとの交流

アメリカ科学研修
オレゴン州のグレシャム高校との交流事業として毎年秋訪問し、交流を
行っています。また、アメリカからの生徒を受け入れ、ホームステイを行って
います。

訪問期間:9月下旬~10月上旬
受入期間:6月下旬~7月上旬
>>グレシャム高校との交流

中国北京月壇中学との交流
北京の月壇中学との交流事業として毎年訪問をしています。また、中国からの
生徒を受け入れ、ホームステイを行っています。
訪問期間:5月中旬~5月下旬
受入期間:7月上旬~7月中旬
>>北京月壇中学との交流

佐野日大の姉妹校と交流校
ストラッドフォード・アポン・エイボンガールズグラマースクール(イギリス)
キングエドワード6世校(イギリス)
グレシャムハイスクール(アメリカ)
北京月壇中学(中国)








 
新着情報 >> 記事詳細

2018/04/17

【国際交流】ケンブリッジ大学ペンブルックカレッジ生徒報告会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
第10回ケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジ付属高校生のサマー・プログラムに本校の代表として参加した生徒の報告会が行われました。
高等学校からは3年7組伊豆藏 椎那君、2年7組冨田 明可さんが報告をしてくれました。


冨田さんは「この研修を通して、高校生としての自覚が生まれました。PAや先生方と接する中で視野が広がり、世界で活躍できる人材になりたいと思うようになりました。」と将来の抱負も語ってくれました。


伊豆藏君は「本当に楽しい研修になりました。授業に積極的に参加して大きく成長できました。」
とても充実した研修になったようです。


浦田理事長のお言葉「三人が世界で活躍したいと言ったことがとてもうれしいです。この佐野から世界で活躍できるような人材が育ってほしい。佐野日大で成長して種から芽を出し、実になって世界に羽ばたいてほしいと思います。」


渡邊校長のお言葉「山岡荘八の小説『伊達正宗』の中で師である虎哉宗乙(こさいそういつ)和尚から正宗に伝えられた言葉を紹介します。『痛いときには痛くないと言い、泣きたいときには笑え。暑かったら寒いと言い、寒かったら暑いと言ってみよ。』この言葉のようにダメだと思ったら強く構えてください。このプログラムが皆さんにとって大成功であったことをうれしく思います。


浦田理事長にお土産が渡されました。


報告の後、イギリスでの思い出に花を咲かせました。


研修を通して大きく成長できたようです。
今後の活躍に期待しています。
11:32 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)