佐野日本大学高等学校
 

令和2年度 教員採用 10月9日更新

 

部活動・同好会 活動状況

 

卒業式動画

 

佐野日本大学高等学校 校歌

 

校長室だより

 

卒業生の活躍

 

Student Life in Sanichi

 

Stratford-Upon-Avonからの便り

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)
 

中国・北京市月壇中学との交流

 

Gresham High Schoolとの交流

 

King Edward Ⅵ Schoolとの交流

 

HUNFALVY JÁNOS SZGとの交流

 
 

検索

所在地

Tel:0283-25-0111  Fax:0283-25-0441
 

訪問者数

7741439

ログイン

お知らせ

台風19号により被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

交通機関の復旧状況、生徒の安全な登校を考慮し、以下のように対応します。

10月21日()

中等6年生および高校3年生通常登校(進路指導および授業)

中等1~5年生および高校1・2年生自宅学習

 

なお、バスは各方面運行し、登校は通常ダイヤ(確認用:10/19・21登校バスダイヤ.pdf)、下校は臨時ダイヤ(10/21下校バスダイヤ.pdf)で運行します。また、交通状況により本来のルートで登校できない生徒は、先日希望したスクールバスを無料で利用することができますが、台風の影響で登校が困難な場合は、必ず学校に連絡してください。

 

 また、10月23日()以降の対応につきましては、10月21日()の14:00頃に、本校ホームページと学校メールでお知らせする予定です。必ずご確認ください。


10月19日()15:00

 

 


 

※お申し込みの受付は終了しております。
 
 

平成31年 大学入試 合格状況

 現役合格率 98.3%
   国公立大 74名 合格
   日本大学 313名 合格
   難関私立大等 217名 合格
 ※進路についての詳細はこちらからご覧ください⇒ 進路状況
 

新着情報

 
【教務】10/20(日)の主な行事
パブリックスペース
10/20 04:30
【教務】10/19(土)の主な行事
パブリックスペース
10/19 04:46
2019/10/19 3年生のみ登校に関する臨時バスダイヤ
パブリックスペース
10/18 08:41
【教務】10/18(金)の主な行事
パブリックスペース
10/18 04:44
【教務】10/17(木)の主な行事
パブリックスペース
10/17 04:12
【教務】10/16(水)の主な行事
パブリックスペース
10/16 04:11
【教務】10/15(火)の主な行事
パブリックスペース
10/15 04:10
【教務】10/12(土)の主な行事
パブリックスペース
10/12 04:09
【下野新聞掲載】ニュージーランド高校来日ラグビー親善試合
パブリックスペース
10/11 19:59
【国際交流】ニュージーランド3か月ターム留学報告会
パブリックスペース
10/11 16:58
新着情報 >> 記事詳細

2019/07/11

【国際交流】キング・エドワード6世校トレブル先生帰国挨拶

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

【国際交流】キング・エドワード6世校トレブル先生帰国挨拶


711日(木)、イギリス、ストラットフォード・アポン・エイボンにある本校の姉妹校、キング・エドワード6世校から、75日(金)より、本校を訪問していたトレブル先生の帰国挨拶の会が開かれました。

 帰国に際し、トレブル先生は、「この素晴らしい学校で授業に参加させていただいたり、親切な生徒さんたちに学校を案内して頂いたり、楽しい時間を過ごさせていただきました。また、栗田美術館、日光東照宮、歌舞伎、足利学校を案内していただき、日本文化の素晴らしさを知ることができました。こうした交流を通して、キング・エドワード6世校と佐野日大の絆はますます強くなると思います。ありがとうございました。2020年には、ぜひ、生徒たちと再び訪問させていただきたいと思います」と挨拶されました。長谷川理事長は、トレブル先生の挨拶に感激し「先生の日本語はますます上手になっていますね。また、プラザ40での先生のスピーチは素晴らしいものでした。先生のお言葉通り、日本の若者には、自国の文化を誇りに思い、積極的に海外に出て日本の文化、科学技術の素晴らしさを広めてほしいと思います」と言葉を返されました。また、浦田学園長は、「キング・エドワード6世校と同じように、佐野日大も世界に羽ばたく生徒を育てています。今後も姉妹校の絆を大切にしましょう」、渡邊高等学校校長は、「こうした交流を重ねることにより、両校の生徒には、日本とイギリスの懸け橋になってほしいと思います」と流暢な英語で話し、会を終えました。

帰国の挨拶をするトレブル先生




(前列左より)渡邊高等学校校長、長谷川理事長、トレブル先生、浦田学園長、佐野短大佐藤学長


16:20 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)