佐野日本大学高等学校
 

所在地

Tel:0283-25-0111  Fax:0283-25-0441


ネットワークカード

 

▲ -New-  教員採用要項 10月10日 更新  
 

中国・北京市月壇中学との交流

 
 
 

Stratford-Upon-Avonからの便り

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)
 

Gresham High Schoolとの交流

 

King Edward Ⅵ Schoolとの交流

 
 

検索

訪問者数

6529601

ログイン

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)


本校は、「理科・数学に重点を置いた取組みを大学等と密接な連携を図りながら、
将来、世界で活躍できる国際的な科学技術系の人材を育成する高等学校」として
平成25年度より文部科学省「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」(5ヵ年)の
研究開発校の指定を受け、
研究開発事業を展開しています。





- 関連リンク-

文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/02_b.htm

科学技術振興機構
http://ssh.jst.go.jp/main.html

 
SSH日誌 >> 記事詳細

2017/12/18

【SSH】SSH理工⑤特別授業

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

本日、日本大学生産工学部准教授小森谷先生をお招きして、特別進学コースSSクラス2年生を対象に、「水環境の分析」について特別授業をして頂きました。小森谷先生は本校の卒業生です。



前半は世界の水不足や水質汚染、水環境の分析について講義していただきました。
地球は水の惑星と呼ばれているが、淡水は
3%しか存在していなく、その中でも飲料水として利用できる水は0.3%である。日本では1人あたり毎日約330L使用しており、年間5001000㎥水を使用しているなど、蛇口をひねれば当たり前のように出る水の貴重さを改めて知ることができました。



後半は、市販されているミネラルウォーターの硬度、マグネシウムイオン濃度の測定を行いました。飲み比べをして、水の味の違いを確認し、どの水が硬度が高いか、マグネシウムイオン濃度が高いか予測しました。



※(左)硬度・マグネシウムイオン濃度が高い>低い(右)
生徒達は硬度・マグネシウムイオン濃度が高い水ほど、飲みにくいと話していました。
(文責 橋本)

19:09
COUNTER334130