佐野日本大学高等学校
 
 
 
 

入学式動画

 

卒業式動画

 

令和2年度 教員採用 12月7日更新

 

部活動・同好会 活動状況

 

佐野日本大学高等学校 校歌

 

校長室だより

 

卒業生の活躍

 

Student Life in Sanichi

 

Stratford-Upon-Avonからの便り

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)
 

中国・北京市月壇中学との交流

 

Gresham High Schoolとの交流

 

King Edward Ⅵ Schoolとの交流

 

HUNFALVY JÁNOS SZGとの交流

 
 

検索

所在地

Tel:0283-25-0111  Fax:0283-25-0441
 

訪問者数

8752137

ログイン

特別進学コース

特別進学コースαクラス

~最高峰の頂へ~

東大・京大・国公立大医学部への現役合格を目指すクラス。少人数クラス編成やハイレベル講座などによりきめ細かい指導をします。
入学時より最難関大学の受験を見すえた指導体制により、テストごとに結果を入念に分析。一人ひとり個別に学習計画を立てていきます。
高い目標を持つ友人たちと過ごす3年間は、自己実現のための力を築く最高の環境。3年間奨学生となるのも大きな特色です。 


特別進学コース

~頂点だけを見つめて~

難関国公・私立大学および日本大学難関学部への現役合格をめざすコース。東大など難関国公立大学の5教科7科目入試に対応したカリキュラムと早慶などの受験に向けたきめ細かい指導を行います。
2年次には文系と理系、3年次には国立文系/理系、私立文系/理系に分かれ、希望進路に合わせた授業を実施。また、放課後の時間を有効に活用でき、難関大学受験と部活動の両立も可能です。
25年度より「Tマラソン」を開始し、放課後の学習時間の積み重ねを記録し、学習意欲を高めています。
 
特別進学コース通信
12345
2020/02/05

【特進通信】特進1・2年特別講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
本日、5・6時間目に特別講演会が本校のプラザ40にて行われました。
今回は東京大学名誉教授 藤井恵介 先生をお迎えして、「高校生が知らない工学部の世界 建築の世界」という演題でご講演をいただきました。



前半は、日本最古の建築物「法隆寺」と20年ごとに建て替えられる「伊勢神宮」の建築方法や素材の使い方などを、歴史的な背景などに照らし合わせながら、写真を使って丁寧に説明して下さいました。



生徒たちは日本を代表する建築物の研究に真剣に耳を傾けていました。
また、戦前からの古い街並みが残る都市と空襲で焼けてしまい新たな街並みを作った都市との比較から、日本の街並みの今後の展望についてお話しされました。

生徒たちの地元である桐生市や栃木市の話題も出て、興味深い様子でした。


後半は工学部の学科やその研究内容、特に建築学とはどのような学問かということを詳しく説明してくださいました。


講演会後、生徒からは建築学に興味が出てきたという感想も多数聞かれました。今後の進路選択、キャリアデザインに活かしていくことを期待したいです。
17:24 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2020/01/30

【特進通信】第1学年外務省高校講座(追記)

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
昨日(1月29日)行われた「第1学年外務省高校講座」の記事が本日付下野新聞朝刊に掲載されました。


13:20 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2020/01/29

【特進通信】第1学年外務省高校講座

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

本日、5・6時間目外務省高校講座が本校のプラザ40にて行われました。

今回は大臣官房公文書監理室上席専門官二木 孝先生をお迎えして、「影響力を与える人になるために」という演題でご講演をいただきました。




高校時代になすべき最も重要なこととして、「自分と違う人との出会い」をお話しされました。相対的なものの見方や考え方により、生き方に深みが出てくること、そのことが幸せに生きるということにつながるということを学ぶことができました。


さらに苦しみや辛さの先にある楽しみが本当の楽しみや幸せであり、それを若いうちに体験することの素晴らしさについてお話しされました。生徒は普段の学習や生活に照らし合わせ、感慨深い様子で聴き入っていました。





それぞれの文化の象徴である外国の紙幣を見せていただきました。

最後に外交官の仕事や資質について教えていただき、幅広い知識や文系理系にとらわれない考え方が必要だということを学びました。限られた時間ではありましたが、有意義な講演会となりました。

講演会後の座談会で話に聞き入る生徒。


18:53 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2020/01/20

【特進通信】令和元年度百人一首大会 本戦

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

こんにちは。この記事をご覧になっているということは、前回の記事もご存じということでしょうか。そうであってほしいところです。どうもSaniBloです。2週に渡り、百人一首大会の様子をお届けしています。
本日はついに、百人一首大会の本戦が行われます。先週の予選において、選ばれしクラスの代表の生徒が、運命の決勝進出を目指します。ここで、百人一首大会の目的を確認しましょう。
「百人一首に親しむことで、古典への理解と教養を深め、今後の学習や世活の充実をはかる」


さて、会場は先週と同様にプラザ40のサブアリーナです。
それでは、今回出場する選手をお知らせしましょう。今回は1年生と、2年生が混合で競い合います。先輩・後輩関係なく、正々堂々とぶつかっていってください。
[準々決勝]

最初は、学年別で戦います。彼らはどのような戦いを見せてくれるのでしょうか。


準々決勝は始まる前に、読み手などの運営生徒が入念なブリーフィングを行っていました。この時点で、緊張感がかなり高まっていますね。

こちらはAグループ


こちらはBグループ


こちらはCグループ


こちらはDグループ


最初はやはり、相手の様子を伺いつつ、スピードと特徴を把握しているといった感じでしょうか。
時間がたつと...

スパっ!

バシッ!

だんだんと展開が早くなっているのが、はっきりとわかります。




応援に駆けつけたクラスメイトも、真剣に勝負の行方を見守ります。


これだけ真剣だと、読み手の1年生もプレッシャーがとても大きく感じたのではないでしょうか。しかし、そんな状況でも不安な要素を一切見せず、すらすらと読み上げていきます。さすがです。

さぁ間もなく、すべての句が読み終わります。準決勝に進めるのはいったいどの生徒たちなのでしょうか。

決まりましたーー!
準決勝の出場生徒はこちらに決定です。

今度はご覧の通り、学年混合で、競技が進みます。もう先輩・後輩も関係ありません。一人の選手として、堂々とぶつかります。


準決勝は、最初から容赦なしです。白熱していますね。


どんどん緊張感を増していく、読み手たちです。プレッシャーに負けるな!

ちなみに、彼らの後ろでは、決勝戦の準備が着々と進められていました。

決勝戦を静かに待つ、札たち。

最後の句が読み終われば、準決勝は終了です。グループの優勝者のみが、最高峰の舞台で闘うことを許されます。

結果は...


なっ、なんと、両チームとも同率1位が存在!
誰がこのような結果を予想していたでしょうか。

そのため、決勝戦は4人による、対決となりました。



決勝戦は、やはりひと味違いますね。この躍動感です。言葉と写真では伝えきれません。ぜひ会場で見ていただきたいです。

それでは、いよいよ残りの句も残り少なくなました。
ついに、最後の句が詠まれ、1時間以上に渡る闘いに決着がつきます。
結果は...
なんと初出場にして、1年1組の関田真愛さんが、20枚という成績で、優勝を勝ち取りました。
惜しくも優勝を逃してしまった生徒たちも、全力で闘っていたことは、写真から既にお分かりでしょう。

裏では既に、賞状の作成が急ピッチで進められていました。


百人一首大会の締めくくりとして、出場者と運営を担当してきた生徒たちと健闘を称え合い、表彰式を行いました。



平安時代から続く伝統を今日まで受け継いできたこそ味わえるものですね。机に向かってペンを動かすことだけが学習ではありません。
実際に伝統に触れ、様々な視点から物後を見ることもまた学習です。予選も含め、今回の百人一首大会に参加した生徒全員が得たものは、とても大きいと思います。

それでは、また明日から元気よく「学習」をしていきましょう。
SaniBlo






百人一首大会 [番外編] ~休憩中のひと時~
先生vs生徒たち

 
まだまだ、高校生には負けませんよ。
21:50 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0) | 今日の出来事
2020/01/15

【特進通信】令和元年度百人一首大会クラス予選会 in 1-2 and 1-3

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理


今年は暖冬と言われながらも、冬の寒さがだんだんと増してきているのを感じます。
こんにちは、SaniBloです。前回の、百人一首大会クラス予選の続編として、お届けします。本日は1年2組・3組合同で行われました。本戦は1月20日に開催されます。

この百人一首大会の目的は...
1月20日(月)に特進コースの1・2年生の各クラス代表2名の計18名で令和元年度特進コース「百人一首大会」を実施します。百人一首に親しむことで、古典への理解と教養を深め、今後の学習や生活の充実をはかる目的で行われています。(前回HP引用)

会場はプラザ40のサブアリーナです。
さっそくお邪魔しましょう。


「パシッ!」「ドスッ!」「あーー!」

そんな音たちが、すでにサブアリーナの外に聞こえてきています。

生徒たちは5~6人のグループに分かれ、取った札の枚数を競い合います。
では、どのような戦いが繰り広げられているのでしょうか。


最初は、お互いの腕の確認といったところでしょうか。
札を取る勢いが、ソフトです。


--------------------------------------- 2 0 分後 --------------------------------------------------

アリーナの中の雰囲気が、がらりと変わっていました。
「あーーー!」「よっしゃーー!」「やっちまったぁーー!」
だんだんと、盛り上がっていく姿をご覧ください。










いったんスイッチが入ると、生徒たちは瞬く間に札を手にしていきます。床はもはや、地鳴りの様...
写真のフォーカスが追いつきません。カメラマン泣かせですね。それでも生徒たちはお構いなし。



ついに、どのグループも最後の一札になりました。
この一枚を手にするのは誰なのでしょうか。読み手の先生も若干の間を作り...

[大歓声]



このころには、室温は2~3℃上昇していたでしょうか。半分以上の生徒がブレザーを脱いでいました。

予選終了後はノーサイド。互いに健闘をたたえ合います。
その後はついに、来週20日に行われる本戦での、各クラスの代表が決定する予定です。
どんな戦いが繰り広げられるのでしょうか。

明日は、進研模試がありますので、いったん気持ちを切り替えて、また来週に向けて調子を整えてください。
それでは、次回をお楽しみに。
SaniBlo


18:19 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2020/01/10

【特進通信】令和元年度百人一首大会クラス予選会in1-1

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
1月20日(月)に特進コースの1・2年生の各クラス代表2名の計18名で令和元年度特進コース「百人一首大会」を実施します。それに伴い本日1年1組で国語の時間を活用して、クラス予選会を実施しました。百人一首に親しむことで、古典への理解と教養を深め、今後の学習や生活の充実をはかる目的で行われています。
生徒たちは本日の予選会に向けて準備を行い、白熱した予選会となりました。






19:04 | 投票する | 投票数(26) | コメント(0)
2020/01/07

【特進通信】令和元年度出陣式

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
本日一般受験に向かう生徒たちの激励のために、出陣式を実施しました。

まず初めに渡邊校長先生より激励の挨拶をいただきました。

もう不安はピークを越えたと思います。あとは前を向き、「疾風勁草」の精神で、強い風が吹いた時こそ真価を発揮し頑張ってほしいと激励の言葉をいただきました。

続いて生徒代表宣誓の言葉を3年1組の菊地愛麗さんが述べました。

受験は努力を忖度してはくれません。うまくいかないときもありましたが、3年間頑張ってきたその努力を信じ、発揮できるようにがんばります。また、これまで支えてくれた先生方や家族友人に感謝したいと思います。

最後に、全員で「必勝コール」を大きな声で行いました。



いよいよセンター試験目前となりました。
体調に気を付けて悔いのないようにやりきってください。
13:01 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2019/12/23

【特進通信】冬休みの様子2019.12.23

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
本日より冬休みが始まりました。
しかし朝から生徒たちの元気のよい挨拶が校舎内に響いています。
各学年・クラスの生徒たちが学習をしに学校に登校してきている姿が数多く見えます。
また各セミナー室では課外講座や質問教室も実施されています。






09:45 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2019/12/11

【特進通信】第2回アルファクラス交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
本日のLHR(ロングホームルーム)の時間を利用し、第2回アルファクラス交流会を実施しました。
前回は夏季休業に入る直前に行い、1年生にとっては夏休みの過ごし方や各種試験に対する心構えを先輩から教えてもらい、2年生にとっては先輩として初心を思い出しながら後輩の指導をしてもらいました。
本日の交流会では、1年生にとっては今後行われる文理選択や冬休みの過ごし方、2年次に向けて今やるべきことを理解する、2年生にとっては先輩として後輩の良き模範となるよう、自分自身で自覚と責任を持たせるという意図が込められています。2年生は、3年ゼロ学期スタートととらえ、これから迎える厳しい競争に向けて意識を更に高めてほしいと思います。




19:20 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2019/12/09

【特進通信】プロジェクトT閉校式

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
11月から始まったプロジェクトT(約1か月間の宿泊学習)も、先週で終了し、本日プロジェクトT閉校式を行いました。

まず、渡邊校長先生からご挨拶をいただきました。
受験直前期、適度な緊張状態を保たねばならない。今後の不安に対する処方箋として、軽い運動をすること。そして、人間をコントロールするものは内言語であることから、自分を励ます言葉を持つことの大切さを、アドバイスとしていただきました。



◇受験に対する不安についてのアンケートの様子

続いて、3年2組の石川 楓くんが、プロジェクトT終了の挨拶を行いました。
プロジェクトTを行う環境を整えてくれた先生方やその他の方々への感謝の気持ちを忘れず、渡邊校長先生から開校式でいただいた「額(ひたい)に箭(や)は立つとも背(そびら)に箭は立たず」のことわざのように真正面から受験に向かって行きたいと述べました。


◇挨拶を述べる
3年2組の石川楓くん

いよいよセンター試験まで約1か月、プロジェクトTや夜間学習で精一杯勉強してきたことに自信を持ち、不安にとらわれず、しっかり前を向いて最後までがんばろう。


16:31 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
12345