佐野日本大学高等学校
 

令和2年度 教員採用 12月7日更新

 

部活動・同好会 活動状況

 

卒業式動画

 

佐野日本大学高等学校 校歌

 

校長室だより

 

卒業生の活躍

 

Student Life in Sanichi

 

Stratford-Upon-Avonからの便り

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)
 

中国・北京市月壇中学との交流

 

Gresham High Schoolとの交流

 

King Edward Ⅵ Schoolとの交流

 

HUNFALVY JÁNOS SZGとの交流

 
 

検索

所在地

Tel:0283-25-0111  Fax:0283-25-0441
 

訪問者数

8172902

ログイン

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)


本校は、「理科・数学に重点を置いた取組みを大学等と密接な連携を図りながら、
将来、世界で活躍できる国際的な科学技術系の人材を育成する高等学校」として
平成25年度より文部科学省「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」(5ヵ年)の
研究開発校の指定を受け、
研究開発事業を展開しています。





- 関連リンク-

文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/02_b.htm

科学技術振興機構
http://ssh.jst.go.jp/main.html

 
SSH日誌
12345
2020/01/24new

【SSH】SSH特別授業⑥

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

123日(木)5・6時間目第6回SSH特別授業が実施されました。今回は化学の発展的内容ということで日本大学理工学部物質応用化学科准教授 浮谷基彦先生による『天然物化学への招待~機能性有機化学物の単離と合成~』の内容で行われました。
 初めに先生が天然物に興味を持ち化学の分野に進もうと決めた契機となった出来事や天然物とは何か、その天然物から抽出した物質の性質などについての講義を受けました。



 講義の後半では、エステルの合成実験を行いました。バナナの成分の1つである酢酸エチルの合成をマイクロスケールで体験することができました。生徒たちから有機化学の分野の学習がとても楽しみ、エステルが身近な物質であること、説明がわかりやすかったなどの感想を得られた。私たちにとって通常授業において展開する方策の一助となりました。







18:12
2019/12/23

【SSH】サイエンスキャッスル2019関東大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

12月21日(土)に武蔵野大学中学高等学校で行われた、サイエンスキャッスル2019関東大会へ参加してきました。

サイエンスキャッスルは2012年に、研究・開発に挑戦する中高生のための学会として始まりました。

現在では開催場所も増え、民間企業、大学、研究者の学会が応援する、アジア最大級の学会に成長しています。

サイエンスキャッスルは未来を担う研究者の登竜門として、多くの中高生が巣立つ場となっています。

本校からは、2年5組の染田昌哉君と宍戸郁哉君が「セミの生態~セミの羽化条件について~」の内容でポスター発表を行いました。

彼らは夏休み中毎日、自宅近くの小山運動公園でセミの抜け殻の回収とその場所の環境(気温・湿度・pH・地温・水分量)を計測し、セミの羽化にかかわる条件を徹底的に調査しました。

そして100を超える研究報告の中で、最も優れたポスター発表を讃える、「最優秀ポスター賞」を見事受賞しました!



おめでとう!
夏の努力が報われましたね。

今後も今回の受賞を糧に研究活動をがんばっていきます


12:58
2019/12/20

【SSH】第一回「生きもの“つぶやき”フォトコンテスト」

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
生物の研究者たちが集う、生物科学学会連合が主催の第一回「生きもの“つぶやき”フォトコンテスト」の結果が発表になりました。

「生きもの“つぶやき”フォトコンテスト」は生物の写真を撮り、そこから聞こえてきそうな“つぶやき”を考えます。さらにエッセイをくわえてメールで申し込むというものです。

今年が第一回目の大会となるのですが、全315作品の申し込みがあり、その中から優秀賞28作品が選ばれました。

本校は、なんと5人の生徒が入賞しました!
2年2組仁木日菜さん
2年4組丸山幹太さん、斎藤歩花さん
2年5組牧戸悠樹さん、萩原京太郎さん
おめでとう!!

以下、受賞作品の写真とつぶやきになります。
 仁木さんの作品 12_114.pdf (←クリックでエッセイなどが読めます)


 丸山さんの作品 24_106.pdf (←クリックでエッセイなどが読めます)

 齋藤さんの作品 26_162.pdf (←クリックでエッセイなどが読めます)


 萩原さんの作品 10_088.pdf (←クリックでエッセイなどが読めます)

 
 牧戸さんの作品 09_078.pdf (←クリックでエッセイなどが読めます)


かわいらしいもの、ユニークなもの、それぞれ本当にそのつぶやきが聞こえてきそうです。
その他の作品はこちらをご覧ください。
https://seikaren.org/news/365.html

高校生であれば、だれでも申し込めますので、来年はぜひ皆さんも申し込んでみてください。
(文責 板橋)

11:01
2019/12/11

【SSH】SSH特別授業⑤

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

12月11日(水)2、3時間目に、日本大学生産工学部環境安全工学科 准教授 小森谷友絵先生によるSSH特別授業が開催されました。今回は「水環境の分析」というタイトルで講義と実験を行いました。

私たちにとって安全な水が飲めるのは当たり前に感じていますが、そうではないことを世界と比較して講義して下さいました。そして、水が飲めるようにするために分析を行い、環境基準が設けられていることを教えて頂きました。

生徒たちも真剣に聞いています。

その後、分析の手段の一つとして、「薄層クロマトグラフィー」の実験を行いました。
薄層クロマトグラフィーとは混合されている物質を成分ごとに分ける手法のことをいいます。

今回は、抹茶を分離しました。生徒達は、抹茶に含まれている成分を確認したあと、実際に実験を行って分離の様子を観察しました。



抹茶をスポットしています。


綺麗に分離されました。

今回の特別授業を通して、身近な水について深く知ることができた、などの感想がでてきました。
私たちの身の回りにある水、大切にしていきたいですね。

小森谷先生、ありがとうございました。
                                    (文責:対馬)


17:42
2019/11/12

【SSH】科学の甲子園栃木県大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
11月10日(日)科学の甲子園栃木県大会が県立宇都宮高等学校を会場に開催されました。
今年は3チーム(計18名)参加してきました。午前は筆記試験(理科・数学・情報の分野)の問題をチームごとに90分で解答しました。午後は実技競技を行いました。毎日放課後残って準備をしましたが入賞はできませんでした。しかし、生徒たちは他校の生徒を見て大いに刺激を受けていました。




15:56
12345
COUNTER391893