佐野日本大学高等学校
 

令和2年度 教員採用

 

卒業式動画

 

部活動・同好会 活動状況

 

佐野日本大学高等学校 校歌

 

校長室だより

 

卒業生の活躍

 

Student Life in Sanichi

 

Stratford-Upon-Avonからの便り

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)
 

中国・北京市月壇中学との交流

 

Gresham High Schoolとの交流

 

King Edward Ⅵ Schoolとの交流

 

HUNFALVY JÁNOS SZGとの交流

 
 

検索

所在地

Tel:0283-25-0111  Fax:0283-25-0441
 

訪問者数

7463149

ログイン

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)


本校は、「理科・数学に重点を置いた取組みを大学等と密接な連携を図りながら、
将来、世界で活躍できる国際的な科学技術系の人材を育成する高等学校」として
平成25年度より文部科学省「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」(5ヵ年)の
研究開発校の指定を受け、
研究開発事業を展開しています。





- 関連リンク-

文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/02_b.htm

科学技術振興機構
http://ssh.jst.go.jp/main.html

 
SSH日誌
12345
2019/08/11new

【SSH】令和元年度SSH生徒研究発表会【奨励賞】

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
 8月7日、8日とSSH生徒研究発表会が神戸国際展示場にて行われました。
 本校では、3年5組SSクラス、小川知宏君が数学・情報分野で物理の授業中に抱いた疑問から発見した平方根の近似式とその近似式を評価する関数の性質を発表しました。

▲会場に早めに到着し速やかに準備完了

 小川君の数学的思考は高校生のみならず大学生や大人達をも魅了しました。
 また、発表自体は前日の就寝時間前まで繰り返し練習した成果もあり非常に分かりやすく説明ができました。
 さらに発表後も質問を受け、その都度、内容に深みが増していきました。

▲ポスターだけでなくスケッチブックやパソコン、ホワイトボードを巧みに活用して丁寧に説明。

 結果として6校が選ばれる奨励賞をいただきました。
 内容はまだ追求できる箇所があるので、発表の仕方と並行して精進していきます。
 
▲お茶目な一面も持っています。

 また、今回の発表に参加されたどの学校の発表も興味深く勉強になりました。
11:28
2019/07/14

【SSH】サニチ サイエンスラボ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
 7月14日(日)SSクラスに1・2年生の生徒たちによる「サニチ・サイエンス・ラボ」(理科実験教室)が今年も開催されました。足元の悪い中、たくさんの児童・生徒の皆さんに参加をしていただきありがとうございました。
 「サニチ・サイエンス・ラボ」(理科実験教室)は理科研究、自由研究の一助にしていただきたいと、本校SSクラス生徒が企画したものです。今年の実験内容はいかがでしたか。楽しんでいただけたでしょうか。今後も新たな実験に挑戦し皆さんに発表できるように努力したいと思います。

 

 
 

   最後に、参加者全員でSS2年生が液体窒素の実験を行いました。
 
 
     
                                                                                                        (文責:野中)
17:18
2019/07/08

【SSH】3年生課題研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
令和元年7月5日(金)
 SSクラス3年生による、課題研究発表会が実施されました。この発表会は、1年次より取り組んできた研究活動の最終発表となります。どの生徒も自分たちの研究に関して一生懸命まとめ、プレゼンテーションを行いました。3年間のうちに大会や発表会に出席した生徒もおり、今までの成果を発表しました。
 14名の3年生により7テーマの発表が行われました。発表テーマは以下の通りです。

 1.バッテリーカーの性能向上のための研究
  ものづくり班 小黒舜桂 鍋島岳 土生津港介 松沢春輝

 2.揚力係数と抗力係数を用いて紙飛行機を作成する
  物理班 増尾亮汰 長澤拓生 石原拓真

 3.石鹸〜環境に優しい石鹸を作る〜
  化学班 紀邑季

 4.カルス培養
  生物班 小島美々子 篠原あや乃

 5.プラナリアの生息分布と水質の関係
  生物班 永尾寧々花

 6.多角形の五心について
  数学班 笹井雄大 近藤しんのすけ

 7.新しい平方根の近似法より導かれるT関数の性質について
  小川知宏


△渡邊校長先生のあいさつより発表会が始まりました。


△小川くんの発表です。


△ものづくり班の発表です。


△鍋島君による説明です。


△最後に、科学技術振興機構の関根さんに御講評を頂きました。


△本年度より取り組んでいる1人1テーマのヒューマンサイエンスの様子です。
 (1年1組での実施の様子です)

(文責 植木)

12:00
2019/06/04

【SSH】SSH特別授業①

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
6月4日(火)5・6時間目に大講義室にて、日本大学文理学部数学科の泊昌孝先生による特別授業が開催されました。授業内容は、「複素数平面」です。高校数学で習う複素数平面を図形的に捉えることができました。さらに大学での複素数平面の扱いについても学ぶことができました。



作図を通して目に見えない複素数を認識することができました。
(文責 五十嵐)

17:05
2019/05/30

【SSH】第34回 研究者講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
本校では、今年度からHS(ヒューマンサイエンス)活動で1人1テーマの課題研究に取り組みます。

取り組むにあたり、「これから研究を始める高校生のために」という参考書を執筆している東北大学大学院生命科学研究の酒井聡樹先生に講演会を行っていただきました。

研究とはなにか、テーマの探し方、研究の進め方などを、実際に高校生が使った研究テーマをもとに何が悪かったのか原因が解るように説明していただきました。


これからいよいよ自分だけのテーマを決めて研究に取りかかります。
今日学んだことを活かして、よりよい研究をしましょう。
<文責 板橋>

15:59
12345
COUNTER365453