佐野日本大学高等学校
 

所在地

Tel:0283-25-0111  Fax:0283-25-0441


ネットワークカード

 

平成30年度 教員採用


▲ -New-  教員採用要項 12月 3日 更新  
 

中国・北京市月壇中学との交流

 

佐野日本大学高等学校 校歌

 

校長室だより

 

卒業生の活躍

 

Student Life in Sanichi

 

Stratford-Upon-Avonからの便り

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)
 

Gresham High Schoolとの交流

 

King Edward Ⅵ Schoolとの交流

 
 

検索

訪問者数

6888556

ログイン

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)


本校は、「理科・数学に重点を置いた取組みを大学等と密接な連携を図りながら、
将来、世界で活躍できる国際的な科学技術系の人材を育成する高等学校」として
平成25年度より文部科学省「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」(5ヵ年)の
研究開発校の指定を受け、
研究開発事業を展開しています。





- 関連リンク-

文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/02_b.htm

科学技術振興機構
http://ssh.jst.go.jp/main.html

 
SSH日誌
12345
2019/02/14new

【SSH】研究者講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
本年度2回目となるSSH(スーパーサイエンスハイスクール)第33回研究者講演会がさる2月13日(水)に新潟薬科大学健康・自立研究総合機構特別招聘教授 東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻 柳衛宏宣先生をお迎えして『癌治療 我々の挑戦 :中性子捕捉療法とは』という演題で開催されました。
 全校生徒約1100名と多数の県内の高校の先生、生徒、保護者の方々にも聴講していただきました。
 今3人に1人が癌と診断される時代となり関心の高い内容でした。柳衛先生は臨床と研究の両方でご活躍しておられます。また、ご講演の内容については、生徒にとってレベルの高い内容を提供していただきました。生徒たちには更なる向上を目指した学習を希望しています。




ご講演後、SS(スーパーサイエンス)クラスの生徒たちと交流会が行われました。


10:43
2019/01/17

【SSH】SSH特別授業⑥

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
本日、1月17日(木)5、6時限目に第一科学室にて、日本大学理工学部物質応用化学科准教授の青山忠先生による特別授業が開講されました。タイトルは「有機合成化学への招待~香料の合成~」です。
授業の前半では、LaQ(ラキュー)という知育玩具を例に、有機物を構成する基本的な4つの元素(炭素、水素、酸素、窒素)と三種類の結合(単結合、二重結合、三重結合)、電気陰性度について学習し、有機物を合成する際の基本的な考え方を学びました。



後半は3種類の異なる反応でエステルを合成し、香りを確認しました。私たちが利用する有機化合物が合成される仕組みを知ることができました。青山先生、有り難う御座いました。





18:01
2018/11/20

【SSH】生物研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
11月17日土曜日に、日本大学生物資源科学部でおこなわれた「生物研究発表会」に参加してきました。

11時45分ごろに大学に到着しました。


ちょっと早めについたので、本館の地下にある食堂で学食を食べました。
生物資源科学部の学食は、安くておいしいのでおすすめです。



10校の日本大学の付属高校の生徒たちが参加し、いままで研究してきた生物に関する発表をおこないました。
どの高校の研究内容も面白く、生物に対する愛が伝わってきました。
本校は8番目で、「植物の成長と音の関係」について発表しました。


1位とはいきませんでしたが、奨励賞をいただくことができました。

生徒同士の意見交換や、教授や大学生、大学院生などに研究の助言をもらえ、大変貴重な経験ができました。
13:32
2018/11/09

【SSH】SSH特別授業⑤

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

11月9日(金)2・3時間目第1化学室にて日本大学生産工学部環境安全工学科の小森谷友絵先生による特別授業が開催されました。授業内容は、「水環境の分析」ということで講義と実験を行いました。



前半の講義では、世界の水不足の話や水をヴァーチャルウォーターとして輸入している話など、水の大切さと現状について講義をして頂きました。



後半の実験では、水分析を行いました。実験操作は2つで、1つは5種類の水を飲んで味覚で評価する味覚センサーテスト。2つ目は水質簡易検査のパックテストにより、硬度測定を行いました。







生徒は自分の好みの水と硬度の関係に興味を持ちながら楽しく学習しておりました。






小森谷先生ありがとうございました。

12:56
2018/11/05

【SSH】第11回風力発電コンペWINCOM2018

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
平成30年11月4日(日)
 第11回風力発電コンペWINCOM2018が日本大学生産工学部にて開催され、SSクラスから2年生は2名、1年生は10名の生徒が出場しました。
 この大会は自転車の発電機を使用して風力発電機を作製し、発電量を競う部門と発電した電気を工夫してエネルギーとして活用する部門があります。

2年生チームは、昨年度も発電量を競う部門に出場しましたが、思うような結果が残せず、今年度再度挑しました。1年生チームは初めての出場でしたが、2機体エントリーし前日の夕方遅くまで学校に残って最後の微調整等をしました。

 今回は出場チーム数が増加し、発電量部門の水平型風車は21チーム、垂直軸風車は10チームが出場していました。結果は、
 水平軸風車 Sirius(2年生)平均発電出力 1542 mW
       級長津彦命(1年生)均発電出力 1388 mW 
 垂直軸風車 エトピリカ(1年生)
均発電出力 195 mW 

回を重ねるごとに他校の風車のレベルが上がり、残念ながら今回は入賞は逃してしまいましたが、この風車作りを通していろいろなことを学んだと思います。今後の研究活動に役立ててもらいたいと思います。



(文責 植木)


10:28
12345
COUNTER347317