佐野日本大学高等学校
 
 

卒業式動画

 

部活動・同好会 活動状況

 

佐野日本大学高等学校 校歌

 

校長室だより

 

卒業生の活躍

 

Student Life in Sanichi

 

中国・北京市月壇中学との交流

 

Stratford-Upon-Avonからの便り

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)
 

Gresham High Schoolとの交流

 

King Edward Ⅵ Schoolとの交流

 

平成30年度 教員採用

 
 

検索

所在地

Tel:0283-25-0111  Fax:0283-25-0441
 

訪問者数

7228709

ログイン

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)


本校は、「理科・数学に重点を置いた取組みを大学等と密接な連携を図りながら、
将来、世界で活躍できる国際的な科学技術系の人材を育成する高等学校」として
平成25年度より文部科学省「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」(5ヵ年)の
研究開発校の指定を受け、
研究開発事業を展開しています。





- 関連リンク-

文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/02_b.htm

科学技術振興機構
http://ssh.jst.go.jp/main.html

 
SSH日誌
12345
2019/06/04new

【SSH】SSH特別授業①

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
6月4日(火)5・6時間目に大講義室にて、日本大学文理学部数学科の泊昌孝先生による特別授業が開催されました。授業内容は、「複素数平面」です。高校数学で習う複素数平面を図形的に捉えることができました。さらに大学での複素数平面の扱いについても学ぶことができました。



作図を通して目に見えない複素数を認識することができました。
(文責 五十嵐)

17:05
2019/05/30new

【SSH】第34回 研究者講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
本校では、今年度からHS(ヒューマンサイエンス)活動で1人1テーマの課題研究に取り組みます。

取り組むにあたり、「これから研究を始める高校生のために」という参考書を執筆している東北大学大学院生命科学研究の酒井聡樹先生に講演会を行っていただきました。

研究とはなにか、テーマの探し方、研究の進め方などを、実際に高校生が使った研究テーマをもとに何が悪かったのか原因が解るように説明していただきました。


これからいよいよ自分だけのテーマを決めて研究に取りかかります。
今日学んだことを活かして、よりよい研究をしましょう。
<文責 板橋>

15:59
2019/05/18

【SSH】生物班 本日の研究活動

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
SSクラスでは、土曜日は研究活動を実施しています。
今日は野外に出て、研究で使用するプラナリアの採集を行いました。
場所は、学校の近くを流れる秋山川です。


水温は17.5℃でした。

目的のプラナリアです。

ドジョウ、ギギ、エビ がいました。

タガメです。デカい。
<文責 谷津>

17:22
2019/03/18

SSH『HS・SS1・2年公開課題研究発表会』

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
3月15日(金)に第2回SSH運営指導委員会およびHS(ヒューマンサイエンス)・SS(スーパーサイエンス)1・2年公開課題研究発表会が開催されました。
3・4時間目は大会議室にて1年SSクラス生徒による課題研究発表会が行われました。SSクラスでは日頃から課題研究に取り組み、1年間のまとめとしてスライドを作成しプレゼンテーションを行い、運営指導委員の先生方からご指導・ご助言をいただき成果発表の場としています。
5・6時間目は各教室にてHS1・2年公開課題研発表会とSSクラスではALTの先生方による科学英語の授業が実施され、また、活発に質疑応答も行われました。通常の授業とは異なり生徒たちの積極的な活動を見ることができました。次年度更なる深化が楽しみです。最後に、ご来校いただいた運営指導員の先生方・教育関係者・保護者の皆様ありがとうございました。








                                      〈文責 野中〉
15:14
2019/02/26

【SSH】SSH特別授業⑦

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
2月26日(火)5・6時間目に大会議室にて、日本大学文理学部数学科の鈴木正彦先生による特別授業が開催されました。授業内容は、「オイラー数と正多面体」です。トポロジーという高校数学とは異なる視点で図形を分類する考え方を通して数学は各分野が関わって成り立っていることを学びました。




生徒たちは鈴木先生の高校数学も織り交ぜた丁寧な説明を通して頭を柔軟に使い、数学の世界を広げることができました。鈴木先生、ありがとうございました。
<文責 五十嵐>

17:13
12345
COUNTER358468