顕桜祭出展のご案内

 
 

                
 
佐野日大デジタルキャンパス
 

佐野日大だより

佐野日大からのお知らせを掲載します
12345
2016/06/16

ロータリー「第14回RYLAセミナー」で最優秀賞受賞

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

 6月12日(日)、次世代を担う若者たちのコミュニケーション能力と指導力の向上を図り、地域社会に貢献していく青少年育成を目的とした「RYLA(ライラ)セミナー」(ロータリー青少年指導者育成プログラム)において、本校インターアクトクラブ野口北斗君(3年)と杉澤亮祐君(2年)のチームが最優秀賞を受賞した。
 当日は宇都宮共和大学を会場として、模擬国連(各チームが国連加盟国として討論する)が行われ、参加者にとっては国際理解やリーダーシップの向上にまたとない機会となった。


11:59
2016/06/15

日本大学工学部説明会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
本日5、6時間目に、3学年の生徒を対象とした日本大学工学部の説明会が実施されました。
進路決定において大学を知るということはとても大事なことです。
福島県郡山市にある工学部のキャンパスの様子、生活、就職について説明していただきました。
東京の大学との違いや地方の大学ならではの魅力について詳しく説明して下さり、生徒たちも興味津々で耳を傾けていました。

説明会の様子

土木学科に興味を持った生徒もいるようです。


今回の説明会で、工学部の雰囲気やイメージがだいぶ変わったのではないでしょうか。理系の大学とはどのようなものかを把握するにもよい機会だったと思います。
これから夏、秋に向けて進路決定の大事な時期に差し掛かります。将来を見据え、今現在やれることを一生懸命やっていけるように指導していきたいと思います。
17:01
2016/06/03

北京月壇中学交流団訪中報告会行なわれる

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
北京月壇中学交流団訪中報告会行なわれる

513日(金)~18日(水)まで北京、月壇中学を訪問していた北珠奈さん(26組)、青山純子さん(29組)、小口眞子さん(41組)、平澤一華さん(41組)の帰国報告会が、63日(金)に行われた。

北さんは、「最初はホームシックになりましたが、ホストファミリーと一緒に餃子作りをし、家族の一員として温かく迎えてもらっているのがわかり、寂しさがなくなりました。月壇中学のみんなが日本語だけでなく、英語やジェスチャーを使い、一生懸命にコミュニケーションを取ってくれました」と述べた。青山さんは「とてもいい体験ができ、今までの自分を見つめ直し、自分自身を一歩成長させることができました。送別会で、将来、通訳になると宣言してきたからには、頑張ろうと思います」と報告した。

4人の報告を聞き、浦田理事長は、「田沼ロータリークラブの皆さんには、生徒たちに、こうした貴重な経験を与えてくださって本当に感謝します。生徒のみなさんは、この研修で学んだことを、今後、成長していく中で、積極的に活かしてください。世界に目を向け、広い視野を持って、自分自身を伸ばしていくことを今後も期待しています」と述べた。

なお、今後の交流として、715日(金)~20日(水)まで、月壇中学の生徒5名が本校を訪問しホームステイをする予定である。


楽しい思い出を語る生徒たち(左より北さん、青山さん)

楽しい思い出を語る生徒たち(左より小口さん、平澤さん)

生徒たちの研修成果を報告する引率の岩崎教諭

生徒たちの成長を喜ぶ浦田理事長

生徒たちからお土産が渡されました。(後列左より、櫻井副理事長、田沼ロータリークラブ松本さん、田沼ロータリークラブ金子さん、田沼ロータリークラブ川久保さん、浦田理事長、山口高等学校校長、渡邊中等教育学校校長、長谷川事務局長、岩崎教諭、前列左より、北さん、青山さん、小口さん、平澤さん)

 

 

 

 


19:17
2016/05/18

熊本地震義援金の報告と御礼

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
平成28年5月15日(日)に定期演奏会の行われた佐野市文化会館におきまして、佐野日大高校と佐野日大中等教育学校の生徒会・インターアクトクラブが合同で熊本地震の義援金募金を呼びかけましたところ、合計39,543円の義援金が集まりました。
集まりました義援金は、郵便振替にて熊本県へ送りましたことをご報告させていただきます。
ご協力くださった皆様、まことにありがとうございました。

17:28
2016/05/10

北京月壇中学交流団訪中結団式行

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

北京月壇中学交流団訪中結団式行なわれる

510日(火)、中華人民共和国、北京にある月壇中学を訪問する交流団の結団式が、佐野短期大学の佐藤三武朗学長、田沼ロータリークラブの川久保真治さん、金子重雄さんをお迎えして行われた。

浦田理事長は、「世界はどんどんグローバル化していっています。皆さんには、中国の人たちと生涯の友となるような関係を作り、国と国の架け橋となる交流をしてきてほしいと思います。また、日本人としての誇りを持ち、日本さらに郷土の文化・歴史をしっかり伝えてきて下さい」と述べた。佐藤学長からは、「しっかりとアイコンタクトをし、お互いの意見を交換してきてください。中国と日本の文化・習慣の相違を知り、理解し、友好を育んできてください」との言葉をいただいた。

本校代表として、北珠奈さん(26組)、青山純子さん(2年9組)、小口眞子さん(41組)、平澤一華さん(41組)が選ばれ、浦田理事長、桜井副理事長、岩崎浩士教諭と共に、513日(金)~18日(水)まで月壇中学を訪問する予定である。


  生徒たちに激励の言葉をかける浦田理事長

生徒たちに激励の言葉をかける佐藤学長

「礼儀正しく学ぼうという意欲に満ちた月壇中学の生徒たちとの交流から
多くのことを学んできてください」と話す川久保さん


「中国の生活・文化に触れることで、自分の将来の糧となることを
たくさん学んできたい」と語る北さん

左より、櫻井副理事長、山口高等学校校長、佐藤学長、岩崎教諭、
平澤さん、小口さん、浦田理事長、青山さん、北さん、川久保さん、金子さん

 




19:06
12345